子供の肌のかゆみの原因と対策について調べてみた。

子供の肌のかゆみの原因と対策について調べてみた。子供の肌は大人に比べてまだまだ弱いです。
ちょっとしたことが原因で、
子供の肌にかゆみが出てしまう事があります。


私の子供は二人とも肌が弱く、軽度のアトピーです。
様々なことが原因でかゆみを感じます。

今回は、その経験を踏まえて、
子供の肌のかゆみの原因と、その対策について、
いくつか紹介させていただきたいと思います。


子供の肌のかゆみの原因と対策 乾燥の場合


大人でも、冬になると
乾燥で肌にかゆみを感じることがありますよね。

子供も同じで、
乾燥は、肌のかゆみの原因として最も良くあることです。


冬以外でも、
季節の変わり目は空気が乾燥していることも多く、
子供の肌が敏感な場合は、
ちょっとした乾燥でもかゆみの原因になります。


乾燥が原因で子供の肌にかゆみがある場合は、
毎日の保湿ケアが最も重要となります。
朝の着替えとお風呂上がりの1日最低2回、
子供の肌に合った保湿剤を塗り、
しっかり保湿ケアをしてあげましょう。


また、特に乾燥する季節は、
寝室やリビングで加湿器を利用して湿度を上げることも大切です。
加湿器がない場合は、濡れたタオルを部屋干しするなどして、
なるべく室内の湿度を上げる工夫をしましょう。



子供の肌のかゆみの原因と対策 汗の場合


乾燥に次いで、
汗も子供の肌にかゆみを感じさせる大きな原因の1つです。


夏場だけではなく、
冬場も肘、膝の内側や顎の下など、
空気の通りの悪い場所は、案外汗をかいているものです。
汗をそのままにしていると、
子供の肌のかゆみの原因になります。


対策として、夏場はこまめなシャワーがお勧めです。
たっぷり汗をかいてしまった時は、
ぬるめのシャワーで汗をさっと流しましょう。

冬場は、厚着のし過ぎに注意です。
子供がうっすら汗をかいていないか気を付けましょう。



子供の肌のかゆみの原因と対策 涙の場合


意外と思われるかもしれませんが、
涙も子供の肌にかゆみをもたらします。


特に乳幼児期は、泣くことが日常ですよね。
涙が出たら、そのままにせず、
そっとガーゼなどで優しく拭いてあげましょう。

ご機嫌が治ったら、
念のため顔をさっと洗い流してあげましょう。

顔は特に肌がデリケートなので、
奇麗にした後は、保湿を忘れずにしてあげてくださいね。



子供の肌のかゆみの原因と対策 その他の原因の場合

子供の肌にかゆみをもたらす原因は様々で、
子供によって、何が原因かも変わってきます。

毎日の生活の中で、注意深く痒がっている場所と状況を観察し、
子供の肌のかゆみの原因になっているかもしれないと思ったら、
まずはその原因からの刺激をなるべく少なくできるようにしてみましょう。


毎日の衣類の摩擦から、
子供の肌にかゆみが出る場合もあります。
服のデザインや素材にも注意しましょう。


また、知らず知らずに汚れていて、
それが子供の肌のかゆみの原因になっていることもあります。
小さな子供は特に、手首の周辺は汚れているものです。
食事前の手洗いはもちろん、
食後も手を洗って清潔にしてあげましょう。



洗剤や、オムツが合わないなども、
子供の肌のかゆみの原因になることもあります。
もしかしたら、これかな?と思い当たることがあれば、
別の物を試してみましょう。
omutsu



子供の肌のかゆみは、皮膚科の受診もお勧めです


子供の肌のかゆみは、放っておくと、
子供が掻きむしることで、傷ができたり湿疹ができたりして、
徐々に悪化してしまう場合があります。


子供の肌のかゆみの対策を頑張ってみたけど、
どうにもかゆみがなくならないという場合は、
酷くなってしまう前に、
きちんと皮膚科の受診をすることをお勧めします。


肌の治療は、
軽症であればあるほど、薬も弱いもので済み、
また、治るまでの時間もかかりません。


しかし、
酷い状態で長らく放っておくと、
強い薬が必要になってきますし、
肌が回復するまで時間がかかります。


何より、かゆみと言うのは、
痛みに比べて軽く思われがちですが、
痒がっている子供本人にとっては、
とても辛くストレスになるものです。


子供の肌のかゆみは、決して軽く見ず、
しっかりとした肌ケアと対策をして、
必要に応じて、皮膚科を受診して、
しっかり医師に診てもらってくださいね。

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す