子供のアトピーには、やっぱり石鹸が一番?

子供のアトピーには、やっぱり石鹸が一番?子供のアトピーに関する情報はインターネット上でも溢れています。

洗わないのが良い?

石鹸が良い?

ネット通販の高価なボディソープが良い?


何が良いのか、何が悪いのか、情報の取捨選択が難しいですよね。

私には子供が二人いて、二人ともアトピーです。


アトピーの子供を育児中の私が、
今回は、子供のアトピーの石鹸
について掘り下げてお話したいと思います。

なぜ子供のアトピーに石鹸が良いと言われるのか


子供がアトピーの場合、肌のバリア機能が弱く、
少しの刺激でも湿疹になりやすい体質であることが殆どです。

この、少しの刺激の中に、
一般的に使われるボディソープに含まれる
界面活性剤や添加物が含まれています。


私自身肌が弱い方なのですが、乾燥の時期は、
ボディソープと石鹸の刺激の違いを感じます。


低刺激の乳幼児用のボディソープもありますが、
子供がアトピーだと、それでも肌に刺激を受けてしまう場合もあるのです。


その為、不純物や添加物の少ない石鹸が良いと言われるのです。

では、子供のアトピーには石鹸が最適なのか


子供のアトピーには、ボディソープより低刺激な石鹸が良いと言われます。
furo_sekken

しかし、子供のアトピーも十人十色。

大切なのは、子供のアトピーを悪化させる原因を取り除く事なのです。


汗や汚れが子供のアトピーを悪化させる原因である場合は、
石鹸で丁寧に汚れを洗い流すことが大切です。


一方、肌の乾燥が酷く、
汚れではなく皮脂が足りなくて子供のアトピーが悪化している場合、
石鹸を使用すると、更に肌から皮脂を奪い、乾燥を進めてしまいます。

そのため、石鹸の使い過ぎには注意が必要で、
お湯で洗い流すだけの方が良いということもあるのです。


子供がアトピーだから、石鹸でせっせと洗えば良いという単純な問題ではなく、
子供の肌の変化を注意深く観察し、
どんな時に悪化し、どんな時に改善していくのかを見極めながら、
体の洗い方を工夫していくことが大切です。


私の息子は2歳で、現在アトピーで皮膚科に通院中ですが、
男の子で髪が短いので、夏場よほど汗をかいたとき以外は、
洗髪はシャワーでさっと流すだけ。

顔も石鹸を使いません。

その代わり、顔は食事の度にぬるま湯で奇麗に洗い流しています。

体は汗や汚れの溜まりやすい首や足の付け根のみ石鹸を使用。

それも、毎日石鹸を使うわけではありません。

色々試した結果、石鹸の使用頻度は今の状態で落ち着きました。

子供のアトピーにお勧めの石鹸


子供のアトピーの症状によって、石鹸選びも変わってきますが、
店頭で手に入りやすく、低刺激の石鹸をいくつか紹介致します。

無添加シャボン玉浴用

無添加シャボン玉浴用

私たち家族が愛用している石鹸です。

完全無添加、成分は石鹸素地のみ。

それでいて、泡立ちが良く、使用していても肌に刺激を全く感じません。

泡切れも良く、さっぱりとしていて、それでいて肌のツッパリ感もありません。

というのも、天然油脂(牛脂、パーム核油)が原料で、
製造法に拘り、天然の保湿成分グリセリンが残るように作られているからです。

店舗によりますが、3個入りで300円台と、
安価に購入できるのもお勧めする理由の1つです。


アトピタ保湿全身せっけん

アトピタ保湿全身せっけん

子供の肌を保湿する成分、ラノリン脂肪酸コレステリルとヨモギエキスが含まれています。

無香料・無着色・防腐剤無添加の低刺激処方。

もちろん、界面活性剤も含まれていません。

優しい洗浄感で、皮脂を取り過ぎることはなく、頭からつま先まで全身洗う事ができます。

価格は1つ約780円と、ちょっと高価です。


ミヨシ無添加白いせっけん

ミヨシ無添加白いせっけん

こちらも、成分は100%石鹸素地、完全無添加の石鹸です。

大正10年から石鹸製造を始めた老舗で、
こだわりのある石鹸製法を持っており、
石鹸素地のみでも、泡立ちよく、泡切れ良く、
そして、使用後は自然の潤いを肌に残してくれます。

価格は1つ150円前後。手に取りやすい価格です。




子供のアトピーにとって、毎日入るお風呂で使用する石鹸選びは重要です。

色々な石鹸を試し、洗い方に工夫しながら、
子供のアトピーに最適な方法を探してくださいね。


アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す