赤ちゃんにアトピーが遺伝する確立を減らすためにママがすべきたった1つのこととは?

赤ちゃんにアトピーが遺伝する確立を減らすためにママがすべきたった1つのこととは?痒みが辛く、見た目も気になるアトピー性皮膚炎。

自分や夫、あるいは自分の血縁関係にアトピーの人がいると、
赤ちゃんにアトピーが遺伝するかもしれない
と心配になりますよね。


そこで、
赤ちゃんのアトピーと遺伝の関係を解説しながら、
どうすれば赤ちゃんがアトピーを遺伝してしまう確率を減らすことが出来るのか?
について紹介します。

赤ちゃんのアトピーと遺伝の関係


遺伝子についてはまだまだ未解明な部分が多いですが、
体形や体格、体質や気質、更には才能など、
様々なことが遺伝すると言われています。
syussan_akachan

なので、ここでアトピーだけ遺伝と関係ない
というのは不自然な話です。

赤ちゃんに親のアトピーが遺伝することはあるのは事実です。

だけど、
100%赤ちゃんにアトピーが遺伝するとは限りません


両親がアトピーでも、
赤ちゃんはアトピーではないという事例も存在します。


しかし、確率的に見ると、
親のどちらかがアトピーだった場合、
赤ちゃんがアトピーになる確率は、
両親がアトピーではない赤ちゃんに比べて2倍
両親ともアトピーだった場合は4倍になるという説があります。


やはり、親がアトピーだった場合は、
赤ちゃんにアトピーが遺伝して発症する確率は上がってしまうようです。


赤ちゃんのアトピー、遺伝では説明できないこともあります


アトピー性皮膚炎は、比較的新しい皮膚疾患です。

昔もアトピーは存在していたのかもしれませんが、
圧倒的に、今よりも人数は少ないです。

赤ちゃんのアトピーが、遺伝だけが理由で発症するのだとしたら、
昔と今で、アトピー患者の数が全く違うというのは、不可解ですよね。


このことからも、
赤ちゃんのアトピーは遺伝だけが理由ではないということが言えます


アトピーは、環境因子も大きく関係していると考えられます。


この環境因子の中には、
赤ちゃんがまだ胎児の時に、母親が食べた食事内容に左右されるという説や、
赤ちゃんが乳幼児期に過ごした環境にも発症の原因があるという説もあります。


しかし、
赤ちゃんのアトピー発症の引き金がどこにあるのかは、
まだ解明されていません


例えば私の子供は二人ともアトピーです。

一人目の妊娠時は、食生活が乱れていたかもしれません。

しかし、二人目の時は、一人目育児のおかげで
すっかり健康的な食事と生活になりました。

でも、子供たちを比べて、アトピーが酷いのは二人目の方です。


アトピーは、未解明の部分が多い皮膚病です。

赤ちゃんがアトピーだと、荒れた肌を見て落ち込んでしまう事ありますよね。


でも、
母親は赤ちゃんがアトピーでも、自分に責任を感じることはないのです。


赤ちゃんにアトピーが発症しない確率を上げる方法


最近、
腸内環境とアトピーの関係性がクローズアップされてきています。


腸内環境を整えることは、
アトピーだけでなくアレルギー体質やその他の病気にも効果があると言われ、
最近では、本当にいろんな効果が発表され始めています。


それだけ、
私たち人間の腸内環境は健康に関与しているという事です。



そして、それは、
赤ちゃんにも関係してきます。



赤ちゃんが産まれる前

早くて生まれる2か月前に
遅くとも1か月前くらいから


お母さんの腸内環境を整えておくと、
赤ちゃんがアトピーになるのを予防できるというのです。




これは、赤ちゃんはお母さんの腸内細菌を受け継ぐため
事前にお母さんの腸内環境を整えることで
赤ちゃんの腸内環境も整い、アトピーになりにくい
とのことみたいです。



そうか!
じゃあ、乳酸菌を食べるようにすればいいのね!

って思われるかもしれませんが、
確かに正解なのですが、

私たちが、乳酸菌というと、
どうしてもヨーグルトを思い浮かべますが、
ヨーグルとはあまりお勧めできません。



なぜなら、
ヨーグルトでは、摂取できる乳酸菌の量が少ないからです。


毎日、たくさん食べるよ~
って言うなら別ですが、
そんなにヨーグルトをたくさん食べることってあまりないですよね。

しかも、毎日となるとなおさら・・・



そこで、おすすめなのがこちらです。

赤ちゃんのアトピーを予防するためにお勧めの乳酸菌



お母さんの腸内環境を整えることは、
赤ちゃんのアトピー予防だけでなく
お母さん自身にとってもすごくメリットがあります。


腸内環境が整う事で
便秘が解消し、お通じが良くなります。


お通じが良くなることで、
ポッコリお腹も無くなります(`・ω・´)

ただでさえ、赤ちゃんがお腹にいて苦しいの便秘になると
もっと苦しくなっちゃいますからね。

そして、
デトックス効果もバッチリなので、
肌がきれいになったり、吹き出物が出なくなったりします(*’ω’*)





まとめ



赤ちゃんがアトピーになるかどうかは遺伝に関係もあることは確かです。

だけど、
だからと言って、100%赤ちゃんがアトピーになるか?
というと違います。


そして、
現在では、乳酸菌などで腸内環境を整えることで
アトピーやアレルギー体質になることを予防できると言われており、
赤ちゃんがアトピーになる確率を下げるためにも
ぜひ、妊娠中から乳酸菌を摂取するようにしましょう(*’ω’*)


あの時、もっとしっかりと乳酸菌を摂取していればと・・・
後悔しないように。

赤ちゃんのアトピーを予防するためにお勧めの乳酸菌







アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す