子供のアトピー性皮膚炎って、いつから診断できるの?

子供のアトピー性皮膚炎って、いつから診断できるの?子供、特に赤ちゃんの頃は、まだ肌も弱く、
何らかのものが原因で湿疹が出てしまう事があります。


では、
湿疹が出たら、それはアトピーなのでしょうか?
アトピーなのか?ただの湿疹なのか?

子供のアトピー性皮膚炎は、
いつから診断ができるのでしょう?



アトピー性皮膚炎の定義


アトピー性皮膚炎と言っても、症状や原因は様々です。

そこで、ガイドラインとして、
一定の基準を満たす湿疹を、
アトピー性皮膚炎に分類する
ことになっています。

その定義は、以下の通りです。

・痒みがある
・良くなったり悪くなったりを繰り返す
・乳児で2か月以上、幼児以上で6か月以上、湿疹を繰り返す期間が続く


この3つを満たした時に、アトピー性皮膚炎と診断できることになります。



子供のアトピーはいつから断定できる?


では、
子供がアトピー性皮膚炎かどうか、
いつから診断可能かというと、
上で説明した通りだと、
乳児では最低2か月間、
幼児以上でも、最低6か月間は経過観察をしなければ、
診断は難しい
という事になります。


しかし、
経験の深い皮膚科や小児科の医師は、
子供の湿疹の状態を診て、
経過観察することなく、アトピーだと診断することもあります。
E146_mikomihanaine500-thumb-260xauto-2572

アトピー性皮膚炎に詳しい医師は、
湿疹の状態を診て、子供のアトピーの原因を予測し、
いつからと決めず、全体から治療方法を考えます。


私のママ友の子供は、
生後4か月で食物アレルギーの血液検査をしました。

私の娘も皮膚が弱く、同じ小児科にかかっていましたが、
私の娘も、ママ友の子供も、
2か月の経過観察を待たずに、アトピーと診断されました。



その小児科の医師は、アレルギー専門医でもあり、
地域では子供のアトピーに詳しいと有名な医師だったのです。



子供がアトピーかどうかで、治療方法は変わる?


アトピー性皮膚炎は、見るに堪えない酷い湿疹で、
一度アトピーになると、完治しないというイメージがあるかもしれません。


だけど、
アトピー性皮膚炎は不治の病ではありません。
特に赤ちゃん時代のアトピーは、
成長とともに完治することがとても多いです。


私の娘も0歳の頃からアトピーでしたが、
小学生の現在は、完治したと言っても良い程肌が強くなり、
通院も必要なくなりました。


子供に湿疹が出ると、アトピーではないかと過敏になり、
いつからアトピー性皮膚炎と診断されるのか、
アトピーじゃなければ良いと、
そこを重要視してしまうかもしれません。
私も娘の時はそうでした。


だけど、
アトピー性皮膚炎も、そうではない皮膚炎も、
治療方針は大きく変わりません。


湿疹の原因があるのならば、
それが何かを解明し、可能な限り、原因物質を取り除き、
皮膚のバリア機能を高めるためにも、
こまめに保湿ケアをし、清潔を心がけ、
必要があれば、ステロイドや塗り薬、
時には飲み薬を使い、奇麗な状態を保ちながら、
子供が成長して、体質や皮膚が強くなるのを待ちます。


子供がアトピーといつから言われるのかは重要ではないのです。



正しい知識を持って、わからないことは医師に相談し、
子供の肌を守ってあげてくださいね。

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す