アトピーの保湿には、オイル性のものは効果があるの?

アトピーの保湿には、オイル性のものは効果があるの?アトピーの保湿には、オイルが良いよ~



アトピー性皮膚炎と言えば、
保湿ケアは欠かせませんが、
アトピーの保湿にオイルが良いという情報もあります。

アトピーの保湿には、どんなものがあるのでしょうか?
オイルで保湿すると、アトピーが本当に改善するのでしょうか?



実体験から言わせてもらえば・・・


アトピーの一般的な保湿剤


アトピー性皮膚炎は、
皮膚科を受診して定期的に経過を診てもらうことが大切ですが、
一般的に皮膚科から処方される保湿剤と言うと、

・ヒルドイドローション
・ヒルドイドソフト
・プロペト




この3つが代表的なものです。


その中で、
プロペトは分類するならオイル性に近い性質を持っています。


肌に水分を浸透させるというよりも、
肌の表面にオイル状のバリアを張って、
アトピー肌の乾燥を防ぎ、
外からの刺激から守る役割をします。


病院からの処方はありませんが、
プロペトに近い市販で購入できるものと言えば、
白色ワセリンです。
プロペト同様、肌のバリア機能を高める役割をします。



アトピーの保湿として効果が見込めるオイル


病院からの処方はありませんが、
アトピーの保湿にオイルを使用すると良い場合もあります。
その中でも、知名度の高いオイルを2つご紹介致します。


・ホボバオイル

皮脂と似ている成分でできているので、敏感なアトピー肌にも低刺激です。
浸透力が高く、効果的な保湿が期待できます。
インターネットでも購入できますし、無印良品でも扱っています。



・ココナッツオイル

天然成分で、安全性が高いオイルです。
ココナッツオイルと言うと、料理などに使うことをイメージしますが、
昔から保湿剤として肌に塗ったり、石鹸などの原料に使用されたりしています。




その他、油分を肌に塗って保湿力と保護力を高めるもので、
馬油や、椿油、ベビーオイルなどがあります。



まずは肌に異常が出ないか試しましょう


人によっては高い保湿効果が得られるオイルですが、
敏感なアトピーの肌には、
合うものと合わないものがあり、
最も大事なのは、
自分の肌に合う保湿剤を選ぶということです。
150705280827-thumb-815xauto-19117


新しい保湿剤やオイルを使用する時は、
まずは少量の物を購入し、
肌の一部だけに使用してみましょう。


数日間使用して、異常が見られなければ、
塗る範囲を広げていきます。


オイルを使用することで、
アトピーの肌が保湿され改善するようなら
そのオイルは、とても合っているということです。


反対に、
全く改善が見られない、痒みが増すなどの症状がある場合は、
場合によってはオイルが肌に合わず、
オイルそのものがアトピーを悪化させてしまうかもしれませんので、
使用を中止し、皮膚科医に相談しましょう。



私の子供は二人いて、二人とも軽度のアトピーですが、
上の子の肌にはヒルドイド系の保湿剤が合っており、
下の子の肌には白色ワセリンが一番良いようです。


ただ、どちらもベタつきがあり、
子供たちは塗るのを嫌がるので、
塗った後もベタつかない
こちらのローションを使用しています

みんなの肌ろーしょん

ベタつきもなく、
保湿もしっかり出来るので安心して使っています。



アトピーは肌のバリア機能が低いという共通点はありますが、
人によって、保湿剤の中にも向き不向きがあります。
オイルが良いかどうかも、人それぞれなのです。

色々と試して、最適なものを見つけてくださいね。



その他にこんな記事が読まれています


・赤ちゃんのアトピー。乾燥は大敵!! 保湿のためにしたいこと。
・赤ちゃんのアトピー、石鹸って使うべき?
・子供のアトピーを改善する方法ってあるの?

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す