86%のママ達が子供の乾燥肌やアトピーに効果があった!肌ケアセット

86%のママ達が子供の乾燥肌やアトピーに効果があった!肌ケアセット


子供の肌トラブルは
改善します!

ママたちみんなが効果を実感した
肌トラブル解消法!


 

家族みんなに笑顔が戻りました!


子供の乾燥肌やアトピーなどの肌トラブルで悩んでいませんか?


夜中に掻きむしって眠れない
朝起きると子供もベッドも血だらけ

状態は、悪化するばかり・・・
もしかして、このまま良くならないの・・・


子供の肌は、本当に弱いので、
そんな心配ばかりが膨らみますよね。

そうなると、
当の子供たちも、
そして家族も暗くなるばかり。


でも、
そういった肌トラブルは、
日々のキチンとしたケアで改善します。


でも、
日々のケアって大変でしょ?
いろんなクリームや薬を塗ったりするんでしょ?


うちは、パパが仕事から帰ってくるのが遅くて
子供たちをお風呂に入れるだけでも
ママ一人だから、大変なんです。



そんな問題も大丈夫です!



ママひとりでも、毎日のお風呂でしっかりとケアできる
そんな子供の肌トラブルを改善する方法を
教えちゃいますね。



これでもう、
子供の肌トラブル対策はバッチリです!


子供たちに
艶々のツルツルの肌を取り戻し
子供たちに笑顔を!


そして、
子供たちのプニプニの頬っぺたを触りながら、
家族みんなで笑顔になりましょう。

ある日、突然でした・・・


子供と一緒にお風呂に入り、
体を洗ってあげていると・・・

(メ・ん・)?

なんかガサガサする。

それが、
私と子供と乾燥肌の戦いの始まりでした。

初めは、そこまで気にもしなくて、
ちょっと肌荒れしたのかな?
あせもが出来ちゃったのかな?


って軽く考えて、
病院にもいかず、
市販の薬をつけるだけでした。

治らない子供の肌・・・


数日経っても子供の肌のガサつきは改善することなく、
段々とガサつきが広がって行きました。

そして、
気が付けば、
子供は全身を掻き毟っている状態Σ(゚д゚lll)
カサブタだらけ!血だらけΣ(゚д゚lll)


慌てて、病院へ受診。

そこで、言われたのが、

『乾燥肌ですね』

ということでした。

病院の先生に処方されたのは、
痒み止めと保湿剤
でした。

痒み止めのお薬は、
ステロイド系の塗り薬でした。


保湿剤に関しては
ごく一般的な保湿剤。


乾燥肌やアトピーなど
大抵の肌のトラブルを抑えるためには、
保湿が重要になってきます。


また、
かゆみは、人間にとって一番我慢のできない感覚だそうで、
かゆみ止めを処方されるのも当然といえば、当然の処置です。



ですが、
やっぱり
ステロイドのお薬を使うのは抵抗がありました。

でも、
やっぱり使わないと子供も痒がって
夜もなかなか眠れない状態。


仕方なしに、
ステロイドのかゆみ止めを塗り、痒みを抑えていたのですが、
薬の効果が切れると、また掻き毟り、
そして、
また、ステロイドを塗る。


これの繰り返しでした。


だからと言って、
子供の乾燥肌が改善するわけでもなく、
もしかしてアトピーなのかなぁ・・・(;´Д`)

そんな不安も出てきました。

何度通院しても同じでした


病院にも何度も通院しましたが、
処方される薬は相変わらず
ステロイド系のかゆみ止めと保湿剤だけでした。

『アトピーでしょうか?』
と尋ねても、

『まだ何とも言えません、でも、可能性はあります』

としか言われませんでした。

ママ友に相談してみた


たまたまママ友とランチに行った時でした。

あるママが、
『うちの子供、乾燥肌でなかなか治らない』
と言い出すと、

他のママたちも同じように
『アトピーの気があって・・・』
『うちの子も、うちの子も・・・』

とたくさんのママが言い始めました。

この話を聞いて、
私は、ちょっと安心しました。

うちの子供だけじゃないんだと・・・。

そこで、
ママ達が集まると、
やっぱりママ友の情報網ってすごいですよねΣ(゚д゚lll)

あれが良かったよ!
これが効果あったよ!



逆に、
これはあんまり良くなかったよ~

って、いろんな事をお互い教えあうことができました。

そこで、
ママたちから学んだことが・・・

肌トラブルで一番大切なことは?



子供たちの肌トラブルで
大切なことは、

  • 肌を清潔に保つ
  • 肌を潤わせる
  • 肌の潤いを保たせる
という事です。

この3つの工程どれかが欠けても
なかなか肌トラブルは改善しない

言うことです。

また、
お風呂上がりが一番、肌が乾燥しやすく
入浴後には、
早急に肌対策が必要だということでした。

でも、問題が・・・

子供のケアは一人じゃできない・・・



あなたは、子供たちに
保湿剤やかゆみ止めのお薬を塗ってあげるとき、
いつ、どのようにされていますか?


私は、お風呂上がりに、
塗ってあげていました。

ほとんどの人は、きっと同じようにされていると思います。


なぜなら、
お風呂上がりが、一番肌も清潔になっており、
また肌も乾燥しやすく
対策が必要だからです。

でも、
それって、すごく大変じゃないですか!?


だって、
子供たちをお風呂に入れる時間帯って
パパはお仕事から帰ってきていないことがほとんどヽ(;▽;)ノ

私には、
二人の子供がいるので、
二人の子供の体を洗い、髪の毛を洗い、
そして、やっと自分。


ようやく、お風呂から出て
子供たちの体を拭いてあげて

さぁ保湿剤塗ろうかな~

そう思っても、
走り回ったり・・・
もうひとりの子供に、

『ママ~ 喉渇いた~』

と呼び出され(。-∀-)



なかなかお風呂上がりにすぐに
子供に保湿剤を塗ってあげることなんてできない状況ですヽ(;▽;)ノ



また、
お風呂上がりに電話がかかってきたりすると
もう大変ヽ(;▽;)ノ

そんなバタバタが起こると
薬や保湿剤を塗り忘れちゃうなんてこともありました。


その他にも
パパが仕事から帰宅するのを待ってから
お風呂となると、いつ帰ってくるか分からないし、
そんなの待っていたら、
子供たちも寝ちゃってしまった・・・。

なんてことも、
幾度となく起こりました。

そして、
お風呂に入らずに寝てしまう。

汗をかいた体は、
益々痒みを増し、夜中に目が覚め
泣きながら掻き出す・・・

なんてことも度々ありました。

ちょっと、ママ一人では、
しんどいよ~。


そんな話をママ友たちに打ち明けると、
これを使ってみたら!
と紹介されました。

それが、こちら

みんなの肌潤風呂


みんなの肌順風呂は
入浴剤です。


そして、その効果は、

  • 別府明礬(みょうばん)温泉の「湯の花」が
    皮膚や汗腺から汚れを落としてくれて、

  • 自然素材で微発泡するため
    お湯を柔らかくし、肌に優しくなります。

  • ビート糖が水分をたくさん体に吸い込んでくれるので
    肌に潤いが生まれます。

  • 潤いを逃がさない成分が入っており、
    ビート糖によって体内に浸透した水分を逃がしません。

  • 水道水に含まれた塩素を取り除き
    お肌に優しい刺激の少ないお水に変身させてくれます。

簡単に説明すると・・・


この説明だとなんだか分かんないかもですよね。

簡単に説明すると、

乾燥肌やアトピーなどを改善するためには、

肌を清潔にすること
肌に潤いを与えること
肌の潤いを保つこと


が大切なのです。


それら肌対策に必要な効果が
この『みんなの肌潤風呂』1個で済んじゃうということです。

『みんなの肌潤風呂』について詳しくはこちら



みんなの肌潤風呂の効果


みんなの肌潤風呂は
入浴剤なので、簡単に言えば、
お風呂に入るだけでOKなのです。


お風呂上がりに
嫌がる子供に、裸で走り回る子供に
怒りながら、いろんなお薬を塗りこむこともなく、
また、忙しくて
塗り忘れちゃうなんてこともありません。


また、
これなら、パパがいなくても
お風呂に入れるだけでいいので、
ママひとりでも大丈夫ですよね。


しかも、
『みんなの肌潤風呂』には、
もうひとつ嬉しい効果があって、

それは、

ん?なんか最近、私の肌若返ったみたいヽ(´▽`)/

と思っていたのですが、

実は、これも
みんなの肌潤風呂の効果だったのですΣ(゚д゚lll)



なぜなら、
みんなの肌潤風呂は入浴剤なので、
子供たちと一緒に、お風呂に入っているだけで、
自然に、その恩恵に預かっていたのです。


もちろん、
私だけでなく、パパも肌がツルツルになっていました(笑)



そうなんです。
みんなの肌潤風呂は入浴剤なので、
家族みんなが入るので、
必然的に、みんなの肌に効果があるのです。



みんなの肌潤風呂一つで家族全員の肌ケアが出来るので、
費用的にもかなり安く済みますし、

そして、もちろん、
乾燥肌やアトピーの改善にもつながります。

実際に使ってみた


実際に、みんなの肌潤風呂を使ってみたところ、
約1週間で、
子供の膝の裏のガサガサが改善
していきました。

使用前
IMG_5466
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

1週間使用後
IMG_5467

そして、
3ヶ月ほど使った結果、
みるみる内に綺麗なツルツル肌になっていきました。


頬っぺたもカサカサだったのが、
プルプルになって
子供も痒がることも少なくなり、
夜中にかゆみが酷くて起きることはなくなりました。

また少し肌の乾燥がひどい時には、
こちらも効果的です。

『みんなの肌潤糖』

こちらも先程、紹介した『ビート糖』から出来ています。

肌に直接塗りこむことにより
より効果的に水分を体に引き寄せることができます。

しかも、
このみんなの肌潤糖は
お風呂場で使用します。

ということは、
お風呂場で出来る肌ケアなので、
ママひとりでも出来ちゃうのです。


『みんなの肌潤糖』について詳細はコチラ


そして、
もう一つ、
『みんなの肌ローション』

です。

こちらは、
お風呂上がりに、体に塗るタイプです。

みんなの肌潤風呂で
すでに、体内に吸い込んだ水分を
より逃がさないように、
より潤いを保つためのものです。

『みんなの肌潤ろーしょん』について詳しくはこちら


おすすめは!


私のおすすめは『みんなの肌潤風呂』です!

  • お風呂に入るだけで
    乾燥肌やアトピーなどの皮膚トラブルを改善できるので
    とっても便利です。

  • パパがいなくても出来るケアだし、
    家族みんなに効果をもたらしてくれます。

  • そこまで酷くない乾燥肌やアトピーなどの肌トラブルなら
    これ一つでかなりの効果があります。



肌トラブルがひどい時は?


子供の肌トラブルの状態がひどい時は、
みんなの肌潤風呂と合わせて
『みんなの肌潤糖』を使うことをおすすめします。

直接、塗り込めるので、
とっても効果があります。

また、
より完璧にしたいというのであれば、
合わせて『みんなの肌ローション』も利用されることで、
より効果が高くなりますよ。

私は、全部持っていますが、
基本的には、『みんなの肌潤風呂』だけを使っています。

そして、
今日は、ちょっとガサつくな~
って感じた日には、『肌潤糖』や『肌ローション』を使うようにしています。


みんなの肌潤用品を使うべき理由


ママたちは、
みんなの肌潤用品を使うべきです!

なぜなら、
本当に、効果があるのは言うまでもありませんが、
その使用方法がとても楽なのです。


  • お風呂に入れるだけ
  • お風呂場でケアできる
  • 入浴後、ゆっくりとケアできる

といったメリットがあるので、

パパが仕事でいなくても、
パパに手伝ってもらわなくても、
ママひとりでもしっかりと子供の肌対策ケアが行えます。

 

そして、
安心の全額返金保証付き!!

15日以上使用して
効果がないと思ったら、
なんとΣ(゚д゚lll)

全額返金してもらえます。


ということは、
とりあえず、使ってみて試すしかないですよね。

子供の肌対策に効果があれば、
言うことないですし
効果がなければ、
返品すれば、全額返金してもらえるので、
安心ですよね。

うん、損しない(笑)



病院の薬だけでは治らない?


病院の先生から処方される薬も
確かに、痒みが収まるという点では、
効果があるのかもしれません。

ですが、
ほとんどのママさんたちも感じているように、
じゃあ、乾燥肌が治るのか?
アトピーが治るのか?

と言うと、そこまで効果を感じたことがないですよね。

でも、
ママたちが何とかしてあげないと
子供たちは痒がるばかりです。

泣いて痒がる子供たちを
ただ見ているだけ、気休めに薬を塗るだけしかできないのは
本当に心が痛みます。

代わってあげられるのなら、
代わってあげたい。


そんな気持ちでいっぱいになりますよね。

でも、
今回、紹介した
『みんなの肌潤風呂・肌潤糖・肌ローション』
は、たくさんのママたちが実際に使って
効果があったと言われる肌対策ケア用品です。

ホントかな?
そう思われるのも分かります。

実際、私もそう思いましたから(笑)


でも、
今はあの時、使ってよかったなと
心の底から思っています。


もし、あの時、躊躇して、
将来、子供が、ひどい肌トラブルになってしまったとしたら
悔やんでも悔やみきれません。


子供たちにツルツルの肌がもどるなら、
子供たちが夜中ゆっくり寝ることができるのなら

子供の体に触れたとき
ツルツルで気持ちが良いな
と感じられるのなら、


それが、
ママの、子供の、
そして家族の幸せではないでしょうか。

一日も早く子供の乾燥肌やアトピーなどの肌トラブルを改善してあげましょう。

86%のママたちが効果実感した
『みんなの肌シリーズ』はこちらから購入できます


メインとなる肌ケア用品はこちら
みんなの肌潤風呂

乾燥肌やアトピーの症状がひどい時には合わせてこちら
みんなの肌潤糖

より効果の高いケアのためにはこちらも
みんなの肌ローション

すべてまとめてのセット『肌潤風呂・肌潤糖・肌ローション』がこちら
*お試しコースセットなら15%引きでお得です
みんなの肌潤セット


アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す