え、ダメなの?赤ちゃんがアトピーなら石鹸って使ってもいいのでしょうか?

え、ダメなの?赤ちゃんがアトピーなら石鹸って使ってもいいのでしょうか?こんにちは、
ミキーです。

ミキーについての詳細はこちら




石鹸で綺麗に洗ってあげて、
清潔を保てば大丈夫だよね?


きっと、赤ちゃんのアトピー治るよね・・・。



赤ちゃんがアトピー性皮膚炎と診断されると、
本当にテンパります。


どうしてそんなことになったの?
それよりも治るの?
どうすれば良いの?

などなど、本当に悩みは尽きません。


私も本当に悩みまくりました。


そんな中でも、
少しでも早く赤ちゃんのアトピーを治してあげたい、
症状を改善してあげたい、
そう思うのが、当然ですよね。


そのためには、まずは、
患部をどのようにしてあげればいいのでしょうか?

石鹸を付けて綺麗にしてあげるのが良いのでしょうか?




という事で、今回は、
赤ちゃんのアトピーと石鹸の使用法について紹介します。


赤ちゃんがアトピーか気になったら



「うちの子、湿疹が多いけどもしかしてアトピーじゃないかな?」



そう思ってインターネットで情報をかき集めるママ。

不安な気持ち、よく分かります。

私も子供が小さい頃、
何度も検索しては安心と不安を繰り返していました。


アトピーは、診断が難しい皮膚炎です。


赤ちゃんって、
肌が敏感なのですぐに赤くなったり
乾燥するんですよね。


単に赤いぶつぶつが出来たからって
焦る必要は全くありません。


しかし、
このような症状が全て当てはまれば
アトピーの可能性が高い
とされています。



赤ちゃんのアトピー診断チェック


全て当てはまるとアトピーかも

①生後1~2ヶ月頃の乳児期早期より頭部、
顔面から見られることが多い。

②顔に限らず、体、手足に湿疹が及ぶことが多い。

③皮膚症状は、ジュクジュクするだけでなく、
全身の乾燥肌、苔セン化(皮膚が厚くなりガサガサした状態)、
耳切れ、等がよくみられる。

④卵白などの食物抗原に対する特異的IgE抗体が出現しやすい。

⑤家族にもアトピーがみられることが多い。

⑥湿疹は出たり治ったりを繰り返すが、
1才半~2才頃に軽快~治癒する事が多い。



①の段階ではまだまだアトピーとは断定できません。

赤ちゃんをしっかり観察しながら、
不安がぬぐえない場合は
かかりつけの小児科を訪ねてみましょう。



赤ちゃんのアトピーに石鹸は必要?


さてさて、今回の本題です。
赤ちゃんがアトピー性皮膚炎と診断された場合、
その後のケアはどのようにすれば良い
のでしょうか?

実際に赤ちゃんがアトピーだというママさんの意見は実に様々です。


石鹸肯定派には

  • 無添加の石鹸だと赤ちゃんがかゆがらない
  • お湯だけだと黄色ブドウ球菌が落とせないので石鹸を使うべき
  • 赤ちゃんのアレルゲンの種類によっては使うべき

当たり前ですが、
石鹸を使うことによって
赤ちゃんのアトピーの症状が改善した方は石鹸肯定派になるようですね。


実際に、
赤ちゃんのアトピー対策として肌を清潔に保つことは必須です。

医師にも
「石鹸を使って赤ちゃんの体を清潔にするように」
と指示されることが多いようです。


石鹸否定派には
  • 赤ちゃんの体を石鹸で洗うと皮脂が落ちて肌が乾燥しすぎる
  • 前は使っていたけど、使わない方が調子が良かった
  • 湯船につかるだけが一番ましだった

などの声が聞かれました。


赤ちゃん肌質によっては、
石鹸が良くないこともあるようです。

石鹸は赤ちゃんのアトピーの救世主でもあり悪魔でもあるよう・・・。

読んでいるとどちらが正しいか分かりませんね。



じゃあ、どうすれば良いのよ!?
と思いますよね。



答えは、赤ちゃんに合わせてあげるしかないという事です。



赤ちゃんの体質に合わせて、
その子その子によって
対応を変えてあげることが大切です。

「私がこうだったから、あなたもこう!」
という意見は参考程度にして鵜呑みにせず、
赤ちゃんをよく見てあげてください。
150705280827-thumb-815xauto-19117



そして、ある一定期間、
石鹸を使ってみて、何も変化がなければ、
そのまま使っていく。


もし、石鹸を使ってみて赤ちゃんの症状が悪化するようなら
石鹸の使用はストップする。


このように、赤ちゃんの肌や体質に合わせて
石鹸の使用は考えていくべきです。



アトピーと石鹸の上手な使い方


では、
いざ石鹸を使うと決めたら
どのように使用するのが良いのでしょうか?


赤ちゃんのアトピー肌は敏感の権化。

以下の4点をしっかり守りましょう。

  • 石鹸はしっかり泡立てる
  • 泡立てた石鹸を肌につけ、優しく洗う
  • しっかり流す
  • 洗った後は必ず保湿

アトピーは肌を清潔に保つことが一番なのですが、
ゴシゴシと洗うと
皮膚を傷つける恐れがあるのでやめておきましょう。


しかし、
石鹸の泡が残っていても
新たな汚れの原因となってしまうので、

しっかり流しましょう。



まとめ


赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と石鹸の使用は判断が難しいです。

しかし、
両親がいろんな方法を試してピッタリなケアが見つかった、
という方たちがたくさんおられます。


なので、
恐れずにまずは、赤ちゃんにあった方法を探すことが大切です。


もちろん、
医師とも相談して、最善の方法を見つけていくのが、
一番の治療方法だと思います。



赤ちゃんのアトピーは、焦らずに根気よく付き合って、
赤ちゃんの負担を少しでも減らしてあげましょう。


この記事を読まれた方は他にもこんな記事を読まれています。

赤ちゃんのアトピー、治った例を教えて!
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎、母乳との関係は?
赤ちゃんのアトピー。乾燥は大敵!! 保湿のためにしたいこと。

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す