子供の乾燥肌がブツブツになっちゃったら、どうすれば良い?

子供の乾燥肌がブツブツになっちゃったら、どうすれば良い?夏が終わり、秋も深まってくると同時に、
乾燥の季節がやってきます。


夏の間は特に問題のなかった子供の肌が、
どんどん乾燥して、
乾燥肌が酷くなり、
ブツブツになってしまうこともありますよね。



では、
子供の乾燥肌がブツブツしているときは、
どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?




子供が乾燥肌を掻きむしっていませんか?


大人でも、乾燥肌の方はわかると思うのですが、
夏が終わり、気温が低くなってくると、
肌のあちこちが乾燥してカサカサしてきますよね。


そして、
保湿を怠ると・・・




痒みが出るようになります。




子供の乾燥肌も同じです。
乾燥肌は、初期は良く見たり、実際に触れたりしないと、
普段の肌との違いがわからないこともあります。


親が気づく前に子供の乾燥肌が酷くなり、
子供が掻きむしってしまい
気づいたらブツブツになっていることもあります。


子供が乾燥肌の時は、
掻きむしってブツブツになるほど悪化させないよう、
通年保湿を心がけ、
いつも子供の爪を短く手入れしてあげることが大切です。



子供の乾燥肌がブツブツする程酷い時は受診をしましょう


子供の乾燥肌がブツブツになり、
保湿を頑張っても改善されないときは、
皮膚科や小児科を受診しましょう。


原因が乾燥なので、
乾燥の時期が過ぎるまでは、
なかなか改善できません。



子供の酷い乾燥肌を、
特に治療もせず放置していると、
子供が毎日のように掻きむしり、ブツブツどころか、
肌がボロボロになってしまうかもしれません。


そうなると、
処方される薬も強いものになってしまいますし、
子供も毎日痒くて、
その痒みがストレスになってしまいます。


子供の乾燥肌を酷くせずに冬を乗り切れるように、
必要な時は、受診して薬に頼りましょう。
乾燥肌の薬についてはこちらをどうぞ

赤ちゃんの乾燥肌の薬、どんなものがあるの?



子供の乾燥肌がブツブツで酷い時のお風呂の入り方


子供の乾燥肌は、特に冬場に酷くなるものです。


その為、
お風呂のお湯の温度が高めに設定されていたり、
湯船につかる時間が長くなったりしますが、


これは、
子供の乾燥肌、特にブツブツするほど酷い時は、
あまりお勧めできません。



温度の高いお湯は、
皮脂を奪い、余計肌を乾燥させてしまいます。
長くお湯に浸かることも同じです。


なので、
お湯の温度はできれば39度程度にして、
体が充分温まったら、
それ以上長く入らず出た方が良いでしょう。


また、
冬場は汗の量も減りますので、
子供の乾燥肌でブツブツしている場所が、
胴体や腿の場合は、
毎日石鹸で洗うと、洗い過ぎは乾燥肌には良くありません。


汚れの酷い場所以外は、
毎日石鹸で洗わず、お湯でさっと流す程度で充分です。


石鹸で洗う場合も、
掌で優しく撫でるように洗ってあげると良いでしょう。


お風呂から出たら、
タオルを押さえつけるように拭き取り、
すぐに保湿剤や処方された塗り薬を塗りましょう。
手間の掛からない楽チンな保湿剤についてはこちら

みんなの肌潤風呂を使ってみたのでレビューしてみた。

乾燥の季節はいずれ終わります。
その時まで、子供の乾燥肌を、
しっかりケアしてあげてくださいね。

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す