アトピーや乾燥肌の子供のシャンプーのコツについて教えます!

アトピーや乾燥肌の子供のシャンプーのコツについて教えます!アトピーや乾燥肌の子供は、
体質として肌の弱い子が多く、
シャンプーするにも、色々と気を付けなければなりません。

私の子供はアトピーで、冬には乾燥肌にもなるので、
赤ちゃんの頃からシャンプーには気を付けてきました。

そこで、今回は、
アトピーや乾燥肌の子供にシャンプーをする時、
どんなことに気を付けたら良いのか
について紹介します。


アトピーや乾燥肌のシャンプーは洗い過ぎに注意です


今は、毎日髪をしっかりシャンプーする人が多いですが、
アトピーや乾燥肌は、
シャンプーのし過ぎが悪化の原因になることもあります。


子供の髪質や量、頭皮の強さにもよりますが、
シャンプーそのものがいらない場合もあります。

例えば、
私には2歳の息子がいて、
赤ちゃんの頃からアトピーで乾燥肌ですが、
シャンプーは殆どしていません。


元々髪が薄く、
2歳になった今も地肌が見えちゃいそうなくらいで、
しかも、
髪が少しでも長くなると、毛先が肌にあたって痒がるので、
1年中バリカンで髪の長さは1cm程度にしているのですが、
お風呂の時に頭からシャワーで埃や汗を流すだけです。


そして、
7歳の娘もいますが、
夏場はともかく、冬場髪を洗うのは2日に1度程度、
内2回に1回は、シャンプーはせず、シャワーで洗い流し、
髪がきしむので、少量のリンスをつけて、丁寧に洗い流すだけです。
ofuro

アトピーや乾燥肌の子供の中には、
毎日シャンプーすると、
刺激が強すぎたり、必要な皮脂を洗い流してしまったりと、
悪化のきっかけになってしまうこともあるのです。

もちろん、僅かな汗や汚れ、埃などが、
アトピーや乾燥肌を酷くしてしまう原因である場合もあり、
そういったタイプの子供は、毎日のシャンプーが必要になります。



アトピーや乾燥肌には、低刺激のシャンプーがおすすめ


神経質になる必要はありませんが、
アトピーや乾燥肌に、使用しているシャンプーが合っていないかも、
そう思ったら、使用を中止し、
より低刺激なものを選んだ方が良いでしょう。

いくつか、アトピーや乾燥肌に優しい低刺激シャンプーを紹介します。

新ノブヘアシャンプーDS

新ノブヘアシャンプーDS
薬局に行くと、このシリーズが並んでいるのを見たことがある人も多いと思います。
敏感肌の人の為のスキンケアや化粧品を取り扱うメーカーです。
7歳の娘が頭皮の痒みを訴えた時に、皮膚科で試供品を頂きました。
試してみたところ、洗っている私も他の製品との差を感じるくらい、
非常にまろやかできめ細かい泡立ちでした。
娘も使用後、頭皮がすっきりしたようで、「痒くない」と驚いていました。
普通のシャンプーに比べて、価格は高めですが、
その時から、娘の専用シャンプーとして愛用しています。



ミヨシ 無添加せっけんシャンプー

ミヨシ 無添加せっけんシャンプー350ml
植物性の石鹸成分と水だけでできた、
余分なものが一切ない本物の無添加シャンプーです。
あらゆる刺激に敏感な子供にも、安心して使用できます。
取扱店が少ないですが、インターネットでの購入が可能です。


アトピタ 保湿頭皮シャンプー泡タイプ

アトピタ 保湿頭皮シャンプー泡タイプ
西松屋やドラッグストアで良く見かけるアトピタシリーズは、
その名の通り、
アトピーや乾燥肌など、肌の弱い乳幼児向け商品を多く取り扱っています。

その中でも、
このシャンプーは、低付着洗浄処方で洗い残ししにくくなっており、
無香料、無着色、防腐剤無添加と余分なものを省き、
主成分は、天然成分で作られた石鹸とアミノ酸系洗浄成分で低刺激です。
保湿成分も配合されているので、乾燥肌の子供に特におすすめです。



アトピーや乾燥肌は、シャンプー後乾かす時も注意です


シャンプーをした後は、髪を乾かしますよね。
この時も、アトピーや乾燥肌の子供には注意が必要です。

シャンプー後はタオルで髪を拭きますが、
ゴシゴシと頭皮を擦らないように気を付けましょう。


ドライヤーで乾かす時は、頭皮が熱くならないように、
ドライヤーを振りながら、頭皮から距離を取って乾かすと良いでしょう。

冬場でも、汗っかきの子供だと、ドライヤーで頭皮に汗をかくこともあります。
乾かした仕上げとして、COOLを選んで、
冷たい風で、さっと頭皮をクールダウンさせてあげましょう。


子供がアトピーや乾燥肌だと、
シャンプーするだけでも、親は何かと気を使って大変ですよね。
子供の肌は少しずつ強くなり、
ケアも少しずつ楽になっていきますから、頑張りましょう。

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す