赤ちゃんのアトピー。悪化しやすい腕関節はどうすれば良い?

赤ちゃんのアトピー。悪化しやすい腕関節はどうすれば良い?赤ちゃんのアトピーはどこに出ても可哀想ですよね。

赤ちゃんの皮膚はとても薄いので乾燥しやすく、
普段でもちょっとしたことで肌トラブルを起こしやすい傾向があります。

また赤ちゃんの腕や脚の関節の内側は柔らかいので、
特にアトピーの症状が出やすい部位だと言えます。


赤ちゃんのアトピーでも、
腕関節の内側にできるものはひどくなりやすく、
治りにくい傾向にあります。

なので、今回は、
そんな赤ちゃんのアトピーでも
腕関節の内側のケアについて解説しますね。


赤ちゃんの腕にアトピーが出来やすい原因は?


赤ちゃんは腕を曲げていることが多く肉付きもいいので、
夏場は特に汗をかきやすい上に汗が溜まりやすく、
アトピーが出やすい部位です。

また、
赤ちゃんでも手が届くので掻いてしまって
悪化させやすく治りにくくもあります。
150705280827-thumb-815xauto-19117

悪化するとアトピーから
とびひを発症することもあり注意が必要です。

寒くなってくると空気が乾燥しがちで肌が敏感になることもあり、
袖など服で擦れて痒みが増すこともありますし、
皮膚表面がガサガサになることも炎症の原因になってしまいます。



赤ちゃんの腕のアトピーを和らげるには


赤ちゃんは汗をかきやすいので、
夏場はこまめに汗を拭き取ってあげることが
アトピーの症状を和らげるには重要です。


アトピー症状のある腕間接の内側に汗が溜まったままにしていると
アトピーを悪化させるだけでなく
細菌に感染してとびひなどを発症しかねません。



こまめに汗をふき取り、
汗を拭いたらこまめにお薬を塗ってあげてください。



あまり痒がる場合には氷で冷やしてあげるのも、
一時しのぎではありますが痒みを治めるのに効果があります。



冬の寒い時期も空気が乾燥すれば、
赤ちゃんの薄い肌は大人以上に乾燥します。


肌が乾燥すると保護能力が薄れる上に乾燥で痒みも出るので、
夏場同様に注意が必要です。

また寒いからと言って
厚着をさせすぎると汗をかかせてしまいますし、
袖が汗で湿ってしまうと腕のアトピーによくありません。

汗をかかせないように調節可能な服装を心がけましょう。



まとめ


赤ちゃんのアトピーは、
まだ赤ちゃん自身に自制する能力がないので、
腕関節の内側などは擦ったり掻いてしまったりしがちで心配ですね。

汗をかかせてしまうのも、
乾燥させるのも赤ちゃんのアトピーを悪化させてしまうので、
出来るだけ、汗をかかさないように
乾燥させないように、
拭き取りや保湿を心がけてあげることが
とても大切です。

そういった意味では、
お母さんは年中心配が絶えませんよね。

赤ちゃんのアトピーは
乳児期だけで治る場合もありますが、
長く苦しむ赤ちゃんもいます。


出来るだけ、早くアトピーを治してあげるためには、
こまめにしっかりとお母さんがケアをしてあげることが大事です。


大変ですが、
赤ちゃんのためにも頑張ってケアしてあげてくださいね。


アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す