赤ちゃんのアトピー、実際に治った例を教えて!なるほど、こうすれば治るのか!

赤ちゃんのアトピー、実際に治った例を教えて!なるほど、こうすれば治るのか!赤ちゃんに湿疹が出て、なかなか治らない(>_<)

ただの湿疹かな、それともアトピー!?


赤ちゃんがアトピーになってしまったら、
治療が大変そうなイメージがありますよね。

本当に治るのかな?
そんな不安も・・・


だけど、
実際のところ、どうなのでしょうか?

今回は、
アトピーの治療に取り組んで治った方々の例をご紹介します。


赤ちゃんのアトピーとは?


赤ちゃんがアトピーかどうかは、
生後4ヶ月以上経過しないと判断がつきません。


アトピーは正式には
『アトピー性皮膚炎』といいます。


乳児湿疹は、
生後2ヶ月ころから1歳くらいまでなのに対して、
アトピーは遺伝性が強く、慢性的に発症します。


特徴としては、
赤い発疹が2ヶ月以上続き、
治まってはまた発症することを繰り返します。


詳細な判断方法についてはこちら

もしかして、私の赤ちゃんはアトピー?どんな前兆があるのか判断要素を紹介してみた。


治療も長期間に渡るため、やはり大変そうですね。


赤ちゃんのアトピーが治った方々は、
どのような治療をおこなったのでしょうか?




アトピーの治療方法


アトピーの治療方法は、厚生労働省が作成したガイドラインがあります。

1:『薬物治療』医薬品で炎症を抑えます。

2:『保湿』保湿剤で皮膚表面の保護し、病原菌が入り込むのを防ぎます。

3:『悪化因子の除去』花粉やハウスダストなどを掃除して、環境を整えます。



炎症をおこしている部分は、
医師の指導に従って治療していきましょう。

併せて、特に大切なのが、
肌をしっかりと保湿することです。

皮膚表面の乾燥が、
新たな病原菌の巣になったり、かゆみの原因となったりしますので、
それらを防ぐために、
加湿器で湿度を調整したり、
保湿剤でスキンケアを行ったりします。


私が実際に使って子供たちのアトピーが改善した保湿剤はこちらです。

みんなの肌潤風呂を使ってみたのでレビューしてみた。



加湿器のおすすめ

こちら

花粉やハウスダストを除去することで、
生活環境を清潔に整えます。


赤ちゃんのアトピーが治った方々は、
このような手順で治療を行ったそうですよ。

つぎは、
最近新しく注目されている治療方法についてです。




胃腸からアトピーを改善!


アトピーと胃腸、
一見関係がなさそうなこの二つが、
最近注目されています。

人間が健康であるという状態の一つに、
排便が整っていることが挙げられます。

確かに、
いくら良いものをたくさん食べても、
お腹の中でうまく消化されていなかったら意味がないですよね。


大人や赤ちゃん関係なしに、
アトピーの原因の一つに、
たんぱく質の分解がうまくいかないという問題があります。


詳しい関連はまだ明らかになっていないですが、
胃腸の状態の改善に併せてアトピーが治ったという声があります。


大人の場合は、
ヨーグルトなどの発酵食品や雑穀米を食べるなどが思い当たりますが、
赤ちゃんにはどのような方法があるでしょうか?


まずは、
ミルクが合っているかを見直してみましょう。

こちらは、
赤ちゃんに聞いても答えられないと思いますので、
排便の状態を見てみましょう。


排便がスムーズではない赤ちゃんには、
オリゴ糖を与えてみる方法もあります。

おすすめのオリゴ糖はこちら

赤ちゃんの便秘に悩む方がみんな使っている『カイテキオリゴ』はこちら⇒




ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、
母乳を飲んでいる赤ちゃんよりも、
排便の回数が少なかったり、固めだったりします。

排便が滞りぎみだというかたは、
一度医師に相談してみると良いでしょう。

他には、
ベビーマッサージなどで、
腸を刺激してあげる方法もあります。

赤ちゃんのアトピーが治ったという方々は、
色々な事を地道に試していらっしゃいます。

長い道のりではありますが、
赤ちゃんのアトピーが治ったという方々がいらっしゃる事を励みに
一歩ずつ取り組み始めてみましょう!



トイレの度に号泣する赤ちゃんが急増中。その理由とは?

まとめ


いかがでしたか?

赤ちゃんのアトピーは、
遺伝的に発症しやすい方がいる一方で、
治ったという方もいます。

決してあきらめずに、コツコツ取り組んでいきましょう!



PS.


赤ちゃんのアトピー関連の他の記事はこちらからどうぞ

赤ちゃんとアトピー

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す