アトピーや乾燥肌の子供に入浴剤は使った方が良い?

アトピーや乾燥肌の子供に入浴剤は使った方が良い?子供がアトピーや乾燥肌で
肘の内側や膝の裏側、そして、全身を痒がって、
常にボリボリと掻いている姿は見ていて本当に辛いですよね。


子供のアトピーや乾燥肌を治すためには、
小児科や皮膚科を受診して、
きちんと治療することも大切ですが、
それ以上に大切なのが、
毎日の生活の中での肌ケアです。


特に、毎日入るお風呂は、とても大切です。
アトピーや乾燥肌にとって、
肌を清潔に保つことはとても大事なので、
毎日、お風呂に入って肌を清潔に保つことがとっても大切です。

ですが、
アトピーや乾燥肌など、肌が弱い子供にとって、
間違った入浴法をしていると、
肌状態を悪化させる原因になりかねません。


それでは、一体どのような入浴方法が
子供のアトピーや乾燥肌のケアに良いのでしょうか?


入浴剤は使った方が良いの?
お風呂の入り方と一緒に解説しますね。



アトピーや乾燥肌の場合、入浴剤は慎重に選びましょう


年齢が下がれば下がるほど、肌はデリケートです。
それが、アトピーや乾燥肌の子供ならば、尚更です。


アトピーや乾燥肌の原因は、1つだけとは限らず、
思わぬものに反応していることもあります。

なので、入浴剤は慎重に選びましょう。
赤ちゃんから使えるものでも、
我が子の肌に合わなければ意味がありません。


アトピーや乾燥肌の子供に新しい入浴剤を使用する場合は、
数日間は肌状態を観察し、
今までより痒がったり湿疹が酷くなったりするようならば、
使用を中止しましょう。
これは、シャンプーや石鹸でも同じです。



アトピーや乾燥肌にお勧めの入浴剤


アトピーや乾燥肌向けで赤ちゃんから使える
おすすめ入浴剤はこちらです。

・みんなの肌潤風呂
IMG_4648
我が家が愛用している入浴剤です。
軽度のアトピーの二人の子供に長らく使用しています。
入浴剤の効果だけで肌も少しずつ改善しています。

また、
使用することでお湯がトロトロした感じになり、心地良く、
私の子供たちには合っているようです。

私も乾燥肌ですが、
みんなの肌潤風呂を使用してから改善しています。

ちなみに、赤ちゃんにも使用できます。
みんなの肌潤風呂のレビューはこちらをどうぞ

みんなの肌潤風呂を使ってみたのでレビューしてみた。



アトピーや乾燥肌の時のお風呂の注意点


入浴剤を入れるかどうか、
どんなものが良いかはかなり個人差がありますが、
肌の弱いアトピーや乾燥肌の子供がお風呂に入る時の注意点は共通です。


・お風呂のお湯の温度は熱くし過ぎない(40度未満が良い)
・体を洗う時は、ゴシゴシ擦らず、手で撫でるように優しく洗うか、
もしくは綿100%の柔らかいタオルや手ぬぐいなどで、刺激を与えないように洗う
・十分に石鹸の泡を洗い流す
・長湯は皮脂が流れ出てしまうので避ける
・体を拭く時は、タオルをあてて水分を吸い込むようにする
・お風呂上り後は速やかに保湿を行う



体が温まり過ぎると痒くなるのがアトピーや乾燥肌の特徴です。
ゴシゴシ擦ると、その刺激がさらに痒みを呼びます。
お風呂上がりには、出来るだけ早く保湿剤を塗ってあげることが大切ですが、
みんなの肌潤風呂を使用すれば、その手間は省けるので助かりますよね。


寒い季節は入浴剤を入れてゆっくりとお風呂に入りたいところですが、
程々にして、肌を悪化させないように気を付けましょう。


子供がアトピーや乾燥肌だと、
入浴剤1つ選ぶにも気を使って大変ですが、
毎日丁寧にケアをすると、確実に肌の状態が安定しますので、
お互い頑張りましょうね。

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す