赤ちゃんの乳児湿疹に処方されるロコイドってどんな薬?

赤ちゃんの乳児湿疹に処方されるロコイドってどんな薬?赤ちゃんの肌は、とても弱く、
様々な原因で乳児湿疹になってしまいます。


赤ちゃんの乳児湿疹で病院を受診すると、
ロコイドという軟膏を処方されることが多いです。


え?ロコイドってステロイドみたいだけど、
赤ちゃんの乳児湿疹に使っても大丈夫なの!?


と、心配な方に、
ロコイドについて、説明させていただきたいと思います。


ロコイドってどんなステロイド剤?


赤ちゃんの乳児湿疹に処方される塗り薬として、
ロコイドはかなりポピュラーなステロイド剤です。

では、ロコイドはどんなステロイドなのでしょう?


その前に、
ステロイドの強さについて、
ちょっと解説しようと思います。
ステロイドには、強さによって、5段階に分けられています。
medicine_nurigusuri1

1群 ストロンゲスト(最も強い)
2群 ベリーストロング(かなり強い)
3群 ストロング(強い)
4群 マイルド(おだやか)
5群 ウィーク(弱い)



このように、強さが明確にランク化されており、
ロコイドは4群のマイルドになります。


赤ちゃんの乳児湿疹と言えば、
4群のステロイドの処方が最も多く、
その中でも、
ロコイドは、小児科皮膚科問わず、良く使われる軟膏です。


赤ちゃんの乳児湿疹なのだから、
一番弱い5群のステロイドではダメなのかと思う方もいるでしょうが、
5群のステロイド剤は、効き目がとても弱いので、
単体として処方されることは、現在殆どないそうです。



ロコイドの副作用は?


赤ちゃんの乳児湿疹に良く使われるロコイドですが、
ステロイド剤と聞くと、
やはり副作用を気にされる方が多いのではないでしょうか?


赤ちゃんの乳児湿疹のような一時的な皮膚疾患に、
医師の処方を守ってロコイドを使えば、
元々体質に合わないという限りは、
副作用が起きることは殆どありませんが、
それでもやっぱり心配
ですよね。

そこで、
どんな副作用があるのか、まとめてみました。

・皮膚の萎縮
・皮膚の色素の変化
・多毛
・皮膚の赤み、痒み



これらの副作用は、ステロイド使用を中止すると回復します。

・接触性皮膚炎
・酒さ様皮膚炎


この2つは、ステロイドが原因で起こる皮膚炎で、
ステロイドを使用し続けることで悪化します。


その他、
皮膚の色素以上や、毛細血管拡張、真皮の萎縮などがありますが、
これは、間違った使用方法を長年続けてしまうと起こる可能性のあるもので、
まず、赤ちゃんの乳児湿疹でロコイドを使って起こる副作用ではありません。


特にロコイドは
副作用の報告例が全体の0.3%と少なく、
それゆえに、
赤ちゃんの乳児湿疹で最も良く処方されています。



赤ちゃんの乳児湿疹、ロコイドの塗り方


赤ちゃんの乳児湿疹で病院を受診した時に、
医師にロコイドの塗り方を聞きそびれてしまい、
今更聞けないわ、という方のために、
ロコイドの塗り方を説明させていただきます。


私には子供が二人いますが、
どちらも軽度のアトピーで、
ロコイドは赤ちゃんの時から良く使っています。


赤ちゃんの乳児湿疹でロコイドを使うという事は、
保湿剤も併用していると思いますが、
塗る順番はどちらが先でも構いませんが、
ロコイドを塗る部分には、
保湿剤は塗らないようにしましょう。



保湿剤の上にロコイドを塗ると効き目が落ちますし、
ロコイドの上から保湿剤をかぶせると、
蓋をした状態になってしまいます。


赤ちゃんの乳児湿疹が出ている部分だけに
ロコイドを塗りましょう。



塗り方は、すっと上に乗せるような感じです。
虫刺されの時のように、擦り込むような塗り方は良くありません。


塗る量は、ベタベタと多く塗ると、
赤ちゃんの乳児湿疹以外の皮膚にもロコイドが広がってしまうので、
すっと塗って、ちょっとテカる程度が適量です。
薄すぎても効果があまり見込めないので、
恐がらず、しっかり塗ってくださいね。


赤ちゃんの乳児湿疹は、
時期的なものなので、
処方されたロコイドをしっかり塗って、
赤ちゃんの肌が強くなるのを待ちましょう。


日々の保湿も効果的です。

肌の弱い赤ちゃんのケアは、手間がかかって大変ですが、
丁寧に続ければ、必ず効果がありますので、頑張ってくださいね。

赤ちゃんの乳児湿疹が首に出てしまったら・・・その原因と対処法について
赤ちゃんの乳児湿疹、耳にも湿疹が出てきちゃった!どうしたらいいの?

アトピー専用入浴剤みんなの肌潤風呂使ってみた!

IMG_4648 - コピー (2) ↓  ↓  ↓
体験談はこちらから

コメントを残す